So-net無料ブログ作成
検索選択
ニュース ブログトップ

BG MAGAZINEイベント開催 [ニュース]

特設ページにもありますが、弊社企画のイベント『浅草triangle vol.3~青い空、しあわせのハミング~』が開催されます。ライヴハウスさんやバンドさん企画ではなかなかお目にかかれない、ひと味違ったラインナップでお楽しみください。よろしくお願いします。

『BG MAGAZINE presents 浅草triangle vol.3~青い空、しあわせのハミング~』

2007年5月26日(土)浅草・蔵前KURAWOOD(クラウド)
出演:the strange drama/RAVE/テイントン/タニザワトモフミ(順不同)
OPEN 18:00/START 18:30
前売 ¥2,000/当日 ¥2,500(入場時にドリンク代別途500円)
オールスタンディング
主催:BG MAGAZINE/浅草KURAWOOD
企画・制作:(株)エフステージ コンテンツ開発局/浅草KURAWOOD
チケット:ローソンチケット 0570-084-003[Lコード:38454]/浅草KURAWOOD 03-5827-1234/エフステージ 03-5452-0441
お問い合わせ:エフステージ 03-5452-0441


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

申し訳ございません [ニュース]

長らくこのブログを更新できず、申し訳ございませんでした。
BG MAGAZINEを発行しております株式会社エフステージでは
12月より本邦初となるユーザー参加型オーディションサイトBirth-Day!! WEBを
スタートいたしました。
http://www.birth-day.info/

その他にも、新たな試みを続々実現化させていく予定でございます。
今後ともご愛顧のほど、よろしくお願い申し上げます。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

移転のお知らせ [ニュース]

4月1日よりBG MAGAZINEの発行元である株式会社エフステージは事務所移転をいたしました。以降の連絡先は下記になりますのでご注意下さいませ。

〒151-0064
東京都渋谷区上原3-22-8 ルボワ代々木上原1F
TEL 03-5452-0441
FAX 03-5452-0442

落ち着くまでみなさまにはご迷惑をお掛けすることもあるかと思いますが、引き続き株式会社エフステージおよびBG MAGAZINEをよろしくお願いいたします。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

浅草続報 [ニュース]

サイトをチェックされた方はもうお気付きでしょうが、1/14(土)に開催する浅草イベントスペシャルユニット「一一(いちいち)」の出演が決定しました!正しくはだいぶ前から決まっていたので発表できましたですけど…、なかなかお伝えすることができず、もどかしい毎日だったわけですが、「一一(いちいち)」はメレンゲのクボケンジさんと、キーボーディストとして様々な錚々たるアーティストの作品に参加する皆川真人さんの、本当にスペシャルなユニットです!詳しい演目は当日までのお楽しみ。でも、メレンゲのサイトで聴ける新曲『すみか』を聴いたら期待しちゃいませんか?
あと、先日ここに書き忘れましたが、当日はドリンク代2杯目以降300円!!の企画を前回に引き続きやっちゃいます。だって、実際のところ、こういうイベントでバカバカ飲む人ってあんまりいないでしょ?でもせっかくだからほろ酔い(泥酔可)でやさしい音楽に身を委ねて、ふわふわっとした気分で帰ってもらいたいわけですよ。この他にも実現できるかわかりませんが、おもしろい企画ができないか、暇を見てはいろいろと動いておりますので、どうぞご期待下さい!う~ん、待ち遠しいっ!(T)

BG MAGAZINE presents 浅草triangle vol.2 ~北風と唄うたい~
日付 : 2006年1月14日(土)
会場 : 浅草・蔵前KURAWOOD(クラウド)
出演 : 一一(いちいち)[クボケンジ(メレンゲ)+皆川真人]/ Akeboshi / the guitar plus me / Opening Act 有
時間 : OPEN 18:00 / START 18:30
料金 : 前売 ¥2,000 / 当日 ¥2,500
(入場時にドリンク代別途500円/2杯目以降300円!! ※注:一部対象外)
チケット発売中
発売所 : ローソンチケット 0570-063-003[Lコード:38822]/ 各バンド予約 / 浅草KURAWOOD 03-5827-1234 / エフステージ 03-5292-0191
お問い合わせ : エフステージ 03-5292-0191

最新情報はこちらから http://www.bg-web.net/asakusa/


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

BGイベント開催決定!! [ニュース]

ようやく発表できます。もう早く伝えたくてうずうずしてたんですけど、今年5月以来となる2度目の浅草イベントが決定しました!!題して

『BG MAGAZINE presents 浅草triangle vol.2 ~北風と唄うたい~』

長いタイトルですんません。。。年明けて2006年1月14日(土)、場所は前回と同じ浅草KURAWOOD(クラウド)というライヴハウスです。出演はAkeboshithe guitar plus meという辛口音楽ファンにも納得してもらえるであろう自信のラインアップです。さらにもう1組とオープニング・アクトも出演予定。詳細は追って発表させていただきます。

BG MAGAZINE presents 浅草triangle vol.2 ~北風と唄うたい~
日付 : 2006年1月14日(土)
会場 : 浅草・蔵前KURAWOOD(クラウド)
出演 : 明星/Akeboshi / the guitar plus me / + 1 ARTIST!! / Opening Act 有
時間 : OPEN 18:00 / START 18:30
料金 : 前売 ¥2,000 / 当日 ¥2,500 (入場時にドリンク代別途500円)
チケット発売中
発売所 : ローソンチケット 0570-063-003[Lコード:38822] / 各バンド予約 / 浅草KURAWOOD 03-5827-1234 / エフステージ 03-5292-0191
お問い合わせ : エフステージ 03-5292-0191

最新情報はこちらから http://www.bg-web.net/asakusa/

え~、これより先は個人的な思いのたけをつらつらと書くので、長いですよ(笑)。

ほんとねぇ、大変でしたよ、ここまで。前回から8ヶ月も間が空いちゃったんですけど、本当は3ヶ月に1回くらいを目標に動いてまして、毎月のように企画書は作るものの、納得いく3組が揃わない。あっちからはOKもらったけど、こっちはスケジュールが……、なんてそんなことの繰り返し。きれい事ではありますが、やっぱり納得いくブッキングをしたかったし、ましてやお客さんからは入場料をもらうわけだし、自分が2000円払えないイベントは絶対やりたくないなと。そんなわけで企画しては延期の繰り返し。会場であるKURAWOODさんには多大なるご迷惑をおかけしました。こんなにわがままを聞いていただいて、この場をお借りしてお礼申し上げます。

さて、お客さんにとって一番大事なのは出演者だと思うのですが、はっきり言ってBGではAkeboshiもthe guitar plus meも扱ったことはありません。でも、両組とも実際この目で観に行って、その素晴らしさに圧倒されたアーティストです。もっと言えば、大抵レコード会社さんからいただいたCDで満足してしまうのが常ですが、両組ともお金を出してCDを買ったアーティストです。

Akeboshiは個人的にはこの業界に入る前から見てまして、その頃からその抜群の音楽センスに脱帽していました。アイリッシュやエレクトロニカの空気を持ちながら、日本人の心に染み渡る郷愁にかられる歌。実際ご本人から話を聞いたわけではないのですが、一曲一曲にいろんな想いが込められてるんだろうなとひしひしと感じてしまうわけです。それは歌だけではなくて、楽器の音色ひとつ取ってもそうで、その一音一音に意味を感じさせてくれるのです。あ~、早く観たい。

the guitar plus meは以前このブログでも書いたのですが、7月にライブを観る機会があって、あっと言う間に吸い込まれてしまって、終演後にCD買って、話しかけて、「今度イベントやるので出てください!」と一方的にラブコールを送ったアーティストです。その名を見ておわかりの通り、ギターと歌という最小限の編成だからこそ引き立つ魅力、それはあたかも魔法のようです。よかったらbounceに掲載されているインタビューも読んでみてください。ちなみにこの原稿書いてるのうちの編集長なんですけど……。

さて、出演者以外にも注目して欲しいのは、場所が『浅草』ということです。ライブハウスは正確には隣の蔵前駅のほうが近いんですけど、浅草までも歩いて行けます。せっかくの週末開催で、浅草という観光地でイベントをやるわけなので、お越しになるみなさまにはぜひ浅草観光も一緒に楽しんで欲しいのです。だって、近くに住んでる人はいいけど、はるばる浅草まで来て、ライブだけ観て帰っちゃうんじゃもったいないでしょ?それって自分がリスナーの立場だった時に(今でもそのつもりですが)、ずっと思っていたことで、ライブに行く動機が雷門観たいからとか、人形焼を食べたいからとか、水上バスに乗りたいからとかでもいいと思うんですよ。なんか偉そうな書き方してますけど、ライブを楽しむのはもちろん、一日を有意義に過ごすことをご提案できればいいなと。浅草演芸ホールに行けば2500円で一日中落語やら漫才やらマジックやらが楽しめるし、バンダイの本社に行けば特大のガンダム・フィギュアやら仮面ライダーが拝めるし、そういった有名どころじゃなくても浅草って怪しいお店がたくさんあって、どこに行ってもおもしろいんですよ。人もあったかいし。この辺は今日発行のBG MAGAZINE関東版『BGEast』でも浅草ジンタの和尚さんに協力していただいて、浅草TOWN MAPなるものを作ったので、ぜひ読んでいただきたいです。まだ作ってないですけど、フライヤーでも配ろうと思ってます。まずは『浅草』をキーワードに検索でもかけてみてください。

だんだん話が取り留めなくなってきましたが、今回は実現できないこともまだまだたくさんあって、お客さんに「2000円払ったかいがあったね」とか、「BGがやるイベントだから行こうよ」みたいな風になってもらえれば嬉しいです。それで儲けようとまでは言わないけど、安定した採算でライブが企画できるようになれば音楽業界にとっても意義あることなんじゃないかなと思っております。と、またなんか偉そうなこと書いちゃいましたが、純粋にライブは素晴らしいものになるとお約束しますので、みなさまのご来場お待ちしております。(T)

浅草KURAWOOD http://www.kurawood.jp/
Akeboshi http://www.akeboshi.com/
the guitar plus me http://blog.livedoor.jp/tgpm/


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

INDIES EDGE SOUND [ニュース]

みなさまから送っていただいたCDがなかなか聴ききれません…。そもそもこのブログを始めたもうひとつの理由はこの原稿を書いている間に、溜まりに溜まった音源を聴く時間を作るためでもあるのです。ちなみに今はTHUG MURDERの再発盤『13 ROUND』(STRAIGHT UP RECORDS)を聴いております。テンション上がっちゃって逆に集中できないんですけど(笑)。

さて、創刊以来BG WEB上で展開しているINDIES EDGE SOUNDコーナーですが、その中からリリースを果たすバンドが続々と出ておりまして、その近況がいろいろと届いておりますので、みなさまにもご報告させていただきます。

まず、BGコンピにも収録された松山の“ミゾオチ”。5月にリリースされた1stアルバム『アンダースロウ』が各所で高評価を得て、大抜擢され出演したMONSTER baSHでもその場で150枚手売りをするなど絶好調。そんな勢いの中、シングル『この世の果て』が10月19日にリリースされました。今作でも一聴してわかるボーカルBOSSの能力の高さは健在。ドラマティックアレンジにも磨きがかかり、歌力溢れるギターロックが堪能できます。

続いては、4月にTHE NEATBEATSのMr.PAN氏が主宰するレーベルMAJESTIC SOUND RECORDSから1stアルバムをリリースした広島の“the big raw”。すでに廃盤となっている過去の自主制作盤から選りすぐったベスト13曲に新曲3曲をプラスした全16曲入りのアルバム『FIL RECORDS COLLECTION plus...』と、アルバム未収録の7インチEP『CALL ME BACK AGAIN EP』を12月8日に同時発売。ガレージ、GS、エレキ、リバプールなどをキーワードに、エキサイティングで甘く切ない青春の香りがプンプン。11/10の新宿RED CLOTHをはじめ、今月末から年内は各地にツアーするようなので、ライブも是非。おバカでハイテンションなステージに思わずニッコリ。

ライブハウス界隈で話題沸騰中の“凛として時雨”は11/9に初の正式音源『#4』をリリース。高音でぶつかる男女のボーカル、まさに突き刺さるという表現がピッタリの金属的(メタルじゃないよ)なサウンド、そして緊張感のある性急なリズムは右脳を刺激!自ら「サディスティック」と言うその世界は一聴の価値アリ。11/6には池袋手刀でレコ発イベントも開催します。

その他にもまだまだ紹介したいアーティストがたくさんいるので、続報を楽しみにお待ち下さい。(T)


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

aim record [ニュース]

BGでも毎月チャートをいただいている岡山のaim recordが9月10日で1周年を迎えました。オメデトウゴザイマス!! レコード店が続々と閉店していく中、新しくお店を立ち上げるというのはものすご~く大変なことだったと思います。

昨年11月、BG MAGAZINE 1周年ツアーというものがありまして、大阪福岡への移動日だった空白の一日、私はひとり隊を離れ電車で岡山へ。地元バンド“ケッチ”の石原君に街案内をお願いし、aimにも連れて行ってもらいました。当時はまだ開店して2ヶ月あまり、お洒落で真新しい雰囲気の店内には、コアなインディーズものや厳選された輸入盤、DJユースな12インチ、地元岡山で活躍するバンドのデモ作品などなど、大手ショップとは一線を画す品揃え。その時試聴機で大PUSHされていたのは今年アジカンのNANO-MUGEN FESにも出演したFARRAHでした。せっかく来たんだし、なんか買っていこうと店主・広沢さんのおすすめを訊いて出てきたのがこちら

ベルギーのパンクロックバンドTHE KIDSの1978年作品『THE KIDS』。昨年発売された「PUNK ROCK / HARDCORE DISC GUIDE ★ 1975-2003」でも紹介されていた名盤。広沢さん曰く「ガリガリのパンクロック」。そういえば、後日ROSE RECORDSに行ったときに曽我部さんも持ってました。

そんなaim recordは地元のミュージシャンたちが集う場にもなっていて、前述のケッチ、ROSE RECORDSからデビューした“the telepathys”、胸キュン・ガレージ・ガールズ・ポップ“chocomates”、海外でも高い評価を得ている激情バンド“DIP LEG”、spoken hard wordsを掲げる侍ユニット“Shintoka”、その他にも“CYNIC-19”“test pattern”“LIVE CLEAN STAY YOUNG”“POST CROWN”“UNDeRAGE”といった岡山の地元バンドをたくさん紹介してもらいました。あまりにいいバンドをたくさん紹介してもらったので、今年5月のBGでも岡山特集なんてものを組んだのも記憶に新しいです。

で、話は戻って、そのaim recordが9月10日で1周年を迎えました。もう本日が最終日なのですが、9月9日(金)~11日(日)の3日間は新品10%、中古20%OFF!!!(※委託商品は対象外)の1周年セール開催中です!岡山のみなさ~ん、選挙の後はaim recordへGO!!!(T)

8月の[aim record]国内インディーズチャート
1 香港CAFE / 日本脳炎 (TOKYO NIGHT FIGHT LABEL)
2 さわぎだした僕の心のままに / keep away from children (childhood records)
3 混沌難聴大虐殺 / V.A. (MCR COMPANY)
4 3songs cdep / forget me not (IMPULSE RECORDS)
5 VAP COMPLETE TRACKS / LAUGHIN'NOSE (LETS ROCK )
6 TOKYO BIG RUMBLE BEST / SPIKE (DIW ON THE HILL RECORDS)
7 BIG RUMBLE WRECKING CREW Vol.5 / V.A. (BIG RUMBLE PRODUCTION)
8 UNITED THRASH NIGHT Vol.50 Ltd. / CRUCIAL SECTION (CREW FOR LIFE RECORDS)
9 ODD DEMO / ABDUCTED (odd A records)
10 NEWTOWN NEWTONE / the guitar plus me (MIDI CREATIVE)

aim record
岡山県岡山市錦町6-7
TEL 086-221-4816
http://aimrecord.com/


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

祝・TIME BOMB 15周年!! [ニュース]

TIME BOMBが9月で15周年を迎えます。おめでとうございます!

TIME BOMBとは大阪はアメ村にあるレコードショップで、洋邦のロックガレージ、パンク、ハードコア、ロカビリー、サイコビリー、スカ、モッズ、etc...、一言で言っちゃえばロック系のアイテムを中心に売っているお店です。レーベルとしても活動していて、一昨年話題を呼んだTHE 5.6.7.8'S、THE BOTSコンプリートアルバムや、MAD 3、SUPERSNAZZ、最近ではNYLONなどなど、これまでに80作あまりのアイテムをリリースしています。

私も昨年大阪に行った際に初めてお伺いさせていただいたのですが、かっこいい店構えに、何かいいものが見つかりそうなワクワクする雰囲気、そして何がすごいって試聴機!数の多さもそうなんですが、その中身がまたすごい。大手のレコード店では絶対に試聴機に入っていない(むしろ売ってすらいないものも多数)ような各ジャンルの髄を凝縮した品物がわんさか。大手のショップで2時間試聴したあとでも、もう2時間はいけます(体力が持てば)。さらには中古のレア盤なんかも格安で売っていて、こちらもお宝がわんさか。関西圏にお住まいの方にはぜひぜひ一度行ってみて欲しいです。

そんなTIME BOMBの15周年は9/11から始まる“the evens”(ex. MINOR THREAT, FUGAZIのイアン・マッケイとex. WARMERSのエイミー・ファリナによるユニット)の全国ツアー(東京・大阪公演はソニック・ユース+ボアダムズのヨシミによるトリオ“blind beast”も参戦!)に始まり、9/17~19はプレ・セール。そして今回のメインとなる9/23~25の3日間は史上最大級の大セールに加え、各日夜にはガレージ、ロックンロール、ハードコアのビッグ・イベントも開催!はっきり言って把握しきれないほどすごい内容になっているので、詳細はTIME BOMBのオフィシャルサイトへ!!!

そして、今これを読んでいるあなたにプレゼントをしちゃいたいと思います!そのTIME BOMBからいただきましたロッキン・ジェリー・ビーン画伯による15周年記念『ボム祭』のポスター(画像参照)を2名様に!
ご希望の方は氏名、住所、電話番号、いつもBG MAGAZINEをどこでもらって読んでいるか、BG MAGAZINEへのご意見・ご感想を明記の上、件名に「TIME BOMB・BGブログプレゼント」と書いて、【info@bg-web.net】までメールしてください!締め切りは9/25(日)24時まで。ご応募お待ちしております!!(T)


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽
ニュース ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。