So-net無料ブログ作成

Herish [おすすめアーティスト]

北九州は小倉出身の3ピース、Herish。BG MAGAZINEとの出会いは創刊前まで遡ります。2003年8月、翌月の創刊を控え、全国のインディーズ・ショップから情報を集めていたのですが、一番最初に編集部に届いたのがHerishの5曲入りデモCD-Rでした。彼らを推薦してくれたのはカメレオン・レコードの小倉店。あの175Rなんかもこのお店から羽ばたいていった音楽業界では有名なレコード/CDショップです。
そのCDの1曲目に入っていたのが“怒号の如き雷鳴”という曲。名は体を表すとはまさにこのことで、長~いイントロの後に飛び込んできたのは、怒号の如きサウンドに、限りなくエモーショナルな歌声。シビれました。うちの社長は早速小倉まで行き、インタビュー。創刊号には間に合いませんでしたが、Vol.2Vol.3と2号に渡り紹介させていただきました。
彼らの魅力は前述したエモーショナルなサウンド、そしてVo&Gtの門田が紡ぐ独特の歌世界にあると思います。ストイックな世界観を表現するのは、文筆家かと思わせるほどにワビサビの効いた日本語遣い。誰しもが心に持つ葛藤に、彼の言葉は突き刺さってきます。
その後、『fm2』『北九州トアル風景』『LONDON PUNK1977 Tribute Album』『under pop!』『HI-STYLE VOL.7』と5つものコンピレーションに参加。そして、2004年の8月には、BGでリリースしたコンピレーション『Local Hero ~BG“CD”MAGAZINE Vol.1~』にもトップバッターとして参加、さらに同年11月に行ったBG MAGAZINE1周年イベントにも福岡公演で参加。おそらくBGと最も縁の深いアーティストと言ってもいいでしょう。
そんなわけで、これまでも彼らについて何度か書こうと思ったのですが、思い入れが強すぎるせいか、納得のいく紹介文が書けず、何度も断念しました(ちなみにこの文にもあんまり納得してません、悪しからず)。そんな隙に彼らは、昨年FUJI ROCK FESTIVALのROOKIE A GO-GOステージに出演するなど、着々とその名を広め、今年1月11日、遂に初の単独全国流通音源『cellophane』をリリースする事となりました。残念ながら地理的関係もあって3人ではないのですが、1/15発行のBG MAGAZINEで、一人東京に来た門田君のインタビューを掲載しておりますので、ぜひご覧下さい。
そのデビュー作となる『cellophane』ですが、普通、最初の音源となると、過去のデモから寄り集めたものが多いものですが、Herishに至っては全て新曲。その理由を訊いたところ、「新しいほうが好きなんで」(門田)と言うなんとも単純明快な答えが……。過去のデモに入っていた音源でも充分かっこよかったですが、新曲も勢いに満ちていて、なおかつグルーヴ感の増したHerishの魅力が詰まっています。しかも、同郷の大先輩にして伝説のロックバンド、ザ・ルースターズでも活躍し、現在ROCK'N ROLL GYPSIESNO STARS INNOVATIONHEAT WAVEのメンバーとして、強靭なドラムプレイを魅せる池畑潤二さんがプロデュースをされております。その甲斐あってか、骨太さも一層増したように感じられます。
1月は地元小倉をはじめ、福岡、鹿児島で、2月には関東でもツアーを行う予定の彼ら。私が一番最近に見たのは昨年の5月でしたが、見る度に佇まいからもオーラが増しているような気がします。ありったけの感情を音に込めるHerishのライヴも是非ご体感下さい。(T)

Herish オフィシャルサイト
http://www.sound.jp/herish-web/


nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 0

コメント 1

283

疾走感があって荒いかと思うと綺麗なメロを出し、変化球を使ってくる。
今回のアルバムは痺れる!
by 283 (2006-03-13 12:52) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。